日本滞在紀 2
d0090294_2331127.jpg
メーデーの日は東京を去って実家のある秩父市へ移動。デパ地下で其々好みのお弁当を買って電車で食べて景色を眺めているとアッと言う間に時間も過ぎます。トンネルを抜けると窓一面に秩父のシンボルの武甲山が出てくると、いつも圧倒されます。秩父は田舎過ぎて...と昔は思っていたけど今はもっと田舎に住んでいるしね。年々、田舎町、秩父の良さも嚙みしめるように感じます。それは自分が生れ育った場所であって、こうして帰って来れるから思う事なのかな。

実家に着くと、親戚の方達が顔を出しに来てくれたり、何十年ぶりに会う従姉妹が会いに来てくれたり。幼稚園の頃からの友達や一緒に部活をした友達とBBQをしたり。会っていない月日は長いのに、打ち溶け合って、どことなく安心する感じ。時には幼稚園の話しに戻って大爆笑。
d0090294_2332732.jpg
とっても良い日だったのは、兄夫婦と姉と私達で温泉へ行って、その後、長瀞の観光名所へ。皆で一緒に出かけられる事は、あまりないしね。ここには帰国する度に来ているけど懐かしいお店や美味しいジェラートを食べられるお店もあるしね。面白いのが棒に刺さったキュウリが売っているんです。フィンランドのキュウリは日本のより、ずっと大きくて中には皮を剥いて食べる人もいるんです。日本のは小振りでシャキシャキしているので、別物のように美味しい!長瀞は色々な美味しいものがあって道行く人、何かしら口にしているのは面白かった。フィンランドには、なかなかない文化かな。
d0090294_2335216.jpg
A-Jは食べ物よりも日本の家屋や盆栽に目が行くようで、盆栽を眺めては「持って帰れたらねぇ」なんて言っていましたっけ。キュウリ売りに使われているザル(もっと大きなもの)も欲しいそう。終いには日本の畳はコンテナに積んで輸送できるかなーなんて、笑。それだけ日本文化は美しいという事だよね~。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-05-15 23:08 | 国外旅行/travel abroad


<< 日本滞在紀 3 日本滞在紀 1  >>