シナモンロールの旅 ワークショップ
d0090294_2211460.jpg
ラップランド大学のテキスタイルデザイン科で一緒に勉強していたサッラマリ。在学時代からキビキビしていて作品も素敵だった彼女。今回はシナモンロールの先生として教えてもらいました。

実は、「シナモンロールの旅」と題して4泊5日+1泊2日で我家にホームステイに来た旭川出身のKちゃん。旭川の彼女の働くacacia-placeと言う空間は、とってもユニークな場所です。ある日、敷地内の池の辺に全長12mのコンテナが現れたのです。渋谷さんと言うお洒落でユーモアのある男性が外装も内装も廃材などを使ってコンテナをお洒落な空間にしている真っ最中。近い将来、そこがKちゃんのシナモンロールカフェになるんですって!とってもクレイジーな発想が私は大好き。
d0090294_22113337.jpg
1日は近所のリーッカに教えてもらい2日目はサッラマリ。3日目は自分で焼く、という流れ。シナモンロールは家庭の味で一般家庭でもブルーベリーパイを超えるくらい頻繁に作られているんじゃないかな。カフェでも食べられるけど自宅で焼くお家が圧倒的。教えてくれる方によって卵の数や工程や切り目、焼き温度や焼き目具合が違ったり。一概にシナモンロールと言っても違うんですね~。
d0090294_22115197.jpg
焼き上がりは、こんなにフワフワでグルグルした巻き目も綺麗!小さい頃から食べなれているシナモンロールの味はフィンランド人にとって馴染みのある味なんだろうな。フワッとした生地と丁度よく鼻にくるシナモンの香り。
d0090294_22133262.jpg
サッラマリの家を出て大学のカフェで買った巻き目の違うシナモンロール、私のお気に入りのカフェでお持ち帰りした伝統的な巻き方のシナモンロール。食べ比べをしてみました。大学のカフェのは冷凍ものをオーブンで温めた感じで生地に穴も多く、ベイカーのKちゃん曰く、ベーキングパウダー入りと推測していました。確かに、あの穴の開き様、軽さ、味。一方カフェで買ったのは、ちゃんと素材の味がして生地も違います。こうして食べ比べをしてみると面白い!

Kちゃんは一旦、我家を出て今はスウェーデンやベルギーでカフェ巡りをしているでしょう。今週末に再会出来るのが、とても楽しみ!「シナモンロールの旅」なかなか楽しいです。って私も楽しませて頂きました。シナモンロールとは言え、奥が深いと言うか、身近に感じるものでも実際探ってみたら予想外な部分が見えてきたり。テーマは何であれ、何事も挑戦してみたり実験してみて色々学ぶものだなーっと改めて感じました。Kassun kotiのホームステイ業をするにあたって「田舎の良さや自然の良さ、何気ない事を知って頂きたい」こんな事を思うのですが逆に私が色々な事を学ばせて頂いています。Kiitoksia!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-18 22:54 | 村の生活/village life | Comments(8)
Commented by M at 2013-03-19 08:26 x
シナモンロールの旅っていいですねぇ。面白い。
その方は旭川出身なんですね。
シナモンロールずらっと並ぶとたまらなく、食べたくなります!
私もフランスでパン屋さん巡りをしてましたよ。
パン屋さんのアップルパイ(ショッソン・オ・ポム)の食べ比べしてました。そう言う旅はたのしいですね。わかるなぁ〜!
Commented by 湾の森のトリ at 2013-03-19 21:52 x
こんにちは!

このシナモンロールは、映画「ruokala lokki」のに似てるタイプですね~♪
シナモンロールって本当に(日本でも)いろんな形があって、でも、かもめ食堂のと同じのは見かけないです。そちらでは、(いろいろあるとは思いますけど)この形が定番ですか?私の近辺のパンやさんで見るのは、渦巻きが上から見えるようになったぶわぶわっとした(イーストだけではなさそうな!)のが多いです。(サザエみたいな感じ)
結局、シナモンロールって、作るところから始めて、焼きあがって、おいしいコーヒーを思いつつ(上手に入れられなくても。笑)食べるっていうのが、楽しいと思います♪
(三回くらいしか作ったことありませんけど!だって、超あまいんだもん!)
Commented by Kippis_Y at 2013-03-20 05:32
♪Mさん
そうなのです、思った以上に面白いですよ!
北海道に住んでいたので道民の方とお話すると、あの温かい感じが懐かしいです。Kちゃんは、とっても素敵な人柄なので是非、夏に旭川へ!
Mさんもフランスで食べ比べしていたのですね!
1個1個違う時に食べるのと食べ比べ目的でするのだと、全然違いますよね。Kちゃんは翌日の味も、ちゃんと食べ比べしていましたよ~。
Commented by Kippis_Y at 2013-03-20 05:39
♪トリさん
そうなのです、フィンランドでは、この手の形が多いんですよ。
他にも渦巻きのや斜めに切ったのなんかもあるようですけどね。
Kちゃんはフィンランドに来る前に東京でシナモンロールを食べ比べしてたのですが、写真を見せてもらったら巻き方も生地の感じもフィンランドのとは全然違うようですね。そう、サザエのような。そして生地もデニッシュ系だったりとか...トッピングも甘そうで驚きました!フィンランドのは砂糖の量も粉に対して、そんなに多くはないので甘さ控えめなのですよ。そして香辛料の香りが効いていてコーヒーと合うのです。トリさんは、フィンランドのシナモンロールの方が好みかしら?!
Commented by paprica at 2013-03-20 13:48 x
楽しそう〜♪ 何より、大好きなことを求めて夢を抱いて旅をされているっていうのが素敵だなぁ。ウェブサイトも拝見しました。旭川の自然に囲まれた温かい空間と仲間たち、って感じですね☆ いいなぁ。
そちらのシナモンロールって、北米のよりもおしゃれ!って思うのは私だけ?カナダのこの辺りで見かけるのは、切り口が上を向いていて、ででーんとしてますヨ。巻きの回数もそちらのほうが多い!あぁ〜、久しぶりにシナモンロールが食べたくなってきた!
Commented by etigoya13-2 at 2013-03-20 21:43
写真をみると作りたくなっちゃいます。
美味しいよね〜。
私辛めのシナモンをたっぷり入れるのが好き。
Commented by Kippis_Y at 2013-03-25 17:02
♪papricaさん
そうなんですよね、素敵な旅ですよね。
週末にKちゃんは我家へ帰ってきたのですが楽しい旅の話しをしてくれて、
シナモンロールの旅から人生について広く学んだそうです。
やっぱり人の出会いって大切ですね。たかがシナモンロールではないんです!
スウェーデンのシナモンロールのまき方を見せてもらったのですが、これまたフィンランドやカナダとも違っていたのです。巻き方も国それぞれですね~。
Commented by Kippis_Y at 2013-03-25 17:06
♪越後屋さん
私もシナモンを効かせるのが好きです。
私もつられて、その後1回焼きました。
沢山出来て食べたのは1個だけど、笑


<< ダイヤル電話の秘密 田舎体験 アイスフィッシング! >>