村暮らしの良いとこ
d0090294_4373413.jpg
先日、近所のトナカイ管理者のお家へ行ってトナカイの肉1頭分購入してきました。秋の終わりに裁いたばかりの新鮮なお肉。冷凍もされていない天井から吊る下げてあるトナカイを目の前で解体してくれました。変な言い方かもしれないけど凄く綺麗なお肉で脂肪分も少なく無駄がありません。気がフサフサあるトナカイは今日も家の前を走ってましたけど、吊る下がって毛も剥がれたトナカイは、もうお肉なんです。骨も良い出汁になるので無駄なく料理に使わせて頂きます。お肉は冷凍庫で保存中。全部食べちゃう前に我家へ来たらトナカイ料理ご馳走しますよ~。新鮮なので本当に癖がないんです。直に新鮮な安全なお肉を近所から購入できるのも村暮らしの良いとこです。

さて、写真のはよくレストランのメニューにもあるporonkäristys。薄めにスライスしたお肉を、我家の場合はビールで煮込んでバターたっぷりにしてシンプルな調味料で味付けます。ラップランドの郷土料理。必ずマッシュポテトの上にのせるのですが綺麗に見えるコツはポテトを盛る際に真ん中に窪みを作ってお肉を載せると、とっても綺麗に盛り付けできます。この料理には、コケモモがかかせません。そしてピクルスも。この酸っぱいのと甘いのがお肉と絶妙なんです。

この間の土曜日は隣の村の学校がレストランに変身したのですよ。村の住民・土地の持ち主なら無料でランチが出来るのです。時間は12時から2時間のみ。メニューは猟師達が仕留めたエルクのお肉で作ったhirvikäristys。エルクは野生動物で、とっても大きいので交通事故被害も結構あるのです。なので道の端や道路にエルク出没のサインもあります。トナカイは北の地方ですがエルクは南にもいるので、南でもこういう料理は猟師の人や仲間内で食べられてると思います。期間が毎年あって、その間にエルクハンティングが出来るそうで仕留めた人はエルクの頭が貰えるんですって~汗。勇敢な象徴を表すのかな?!
さてさて、村の学校にはぞくぞくと沢山の人が食べに来て満席。トナカイよりも少し大味な気がするけど臭みがなくて柔らかくてとっても美味しかったです。子供達も完食!とっても貴重な日でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-11-06 05:02 | 食べ物色々/food | Comments(10)
Commented by yuck2012 at 2012-11-06 05:32
エルクもトナカイも巨大ですよね!迫力あるなあ。今は繁殖期ですか?気が立っている時期は危険と聞いたことがあって・・。それにしてもエルクがいるところが南なんて、なんて北部なのでしょう・・・(笑)
Commented by la_cle at 2012-11-06 05:32
トナカイですか! さすが、フィンランドですね~。
フランスでも、この季節、ハンターたちがうちの村にもやってきますが、鹿はいても、さすがにトナカイはないですね。
でも、この写真のお料理、食べてみたいです。
しかし、村の人たちが無料のレストランなんて、わが村にも欲しい!!!! うらやましすぎます。
Commented by piglets3 at 2012-11-06 06:10
トナカイを一頭購入。 なんて素敵な話!!!!!
食肉量として何キロくらいになるんですか? 
Kippis Yさんのお宅にはそれを保管できる設備もあるんですね。
それだけの量があると、一年通してトナカイ肉を食することになりますか?
それほどまでは量がないのかな。 興味シンシンです。 
Commented by M at 2012-11-06 08:28 x
はじめまして。こんにちは。
ずっと前からお気に入りに入ってて、いつも拝見してました。
こちら北海道、日本最北の地もかなり寒いところです。
冬は野生のゴマフアザラシの群生が海岸に越冬しにやって来る所です。

フィンランドの暮らしはいつも興味深いです。
特に食いしん坊なので食べ物は美味しそう!と見てました。
トナカイのお肉美味しそうですね。
市街から田舎へ1時間半行った所の町ではトナカイ牧場があり、
お肉も食べられるらしいのですが、行った事がないです。
北海道は鹿肉が美味しい季節になりました。
これからも楽しみに拝見させてもらいます。よろしくお願いします!
Commented by Kippis_Y at 2012-11-07 16:19
♪yuckさん
私はまだ実際にエルクが道端を横切る姿は見ていないんですけどトナカイよりも大きいらしいですよ!そしてラップランドはドイツからの観光客が多いんですけどドイツ人にはエルクの方が人気らしいですよ~。
トナカイのオスは秋が危険らしいんです。あとは比較的優しい性格のようです。走ってる後ろ姿とか、少しマヌケで可愛いんですよ~
Commented by Kippis_Y at 2012-11-07 16:24
♪la_cleさん
ハンターと言えば、移住してすぐに薄暗い中、銃を持った人がウロウロしていて何だ~!!と思ったら、猟を終えた人でした、、笑。でもはじめは分からなくってドキドキしましたよ~。
そちらでも鹿猟の期間とかってあるのかしら?!鹿肉も↑の料理にしたら食べられそうですね。
こういう美味しい有り難いレストランって小さな村だからこそ出来る特典なのかな?っと。la_cleさんの村会議で是非!
Commented by Kippis_Y at 2012-11-07 16:28
♪piglets3さん
いつもは少しずつ買っていたのですが、今年は時期に間に合って1頭買いしました~。お客さんにも出したりするので、きっと1年は持たないでしょう…内臓を抜いた状態で40-50kgはあるのかな?!目の前で切り分けられてパックつめにしてもらったので定かではないんですけど…フィレの部分は高級品でお店から買うと結構な金額なするそうです。大事に食べますよ~。村に引っ越してすぐにトナカイの肉や魚用に冷凍庫を買いました。でも家のは小さめで近所の人のお家は子供が数人隠れそうなほど大きいんですよ~。
Commented by Kippis_Y at 2012-11-07 16:35
♪Mさん
はじめまして。お気に入りに登録して頂いて有難う御座います。嬉しいです!
北海道、私達夫婦、釧路に住んでいたので懐かしいです。野生のゴマフアザラシが越冬に来るなんて、とっても貴重な場所にお住まいなのですね。きっと自然も豊富なんだろうな~主人のA-Jは北海道はフィンランドと景色が似ていると何度も言っていました。
トナカイ牧場があるのですね~!北海道の釧路かどこかに昔、フィンランドのトナカイを運んだそうです。偶然にも村の近所の方がそのトナカイの追い込みを手伝ったそうですよ。面白い繋がりですよね。
Commented by etigoya13-2 at 2012-11-14 02:05
あ、この料理新婚旅行でカクシラウッタネンに泊まったとき作りました。
大好き。
やっぱり良いな〜トナカイが手に入るの。こちらトナカイが棲息している地域も有るし、放牧している民族もいるのだけれど、村では流通しないんです。
我が家も今年は羊を1頭分買う予定です。
玄関や温室が冷凍庫状態なので冬が長いと保管場所はたっぷり有って楽だけど、こちらは骨付きで渡されるのが大変なの。
斧やノミで分解しつつ肉にしないといけなくて。苦笑
Commented by Kippis_Y at 2012-11-16 05:40
♪越後屋さん
この料理シンプルで美味しいですよね。日本人にも食べやすい味!
羊1頭買い!骨付きの場合、分解が大変そうですね。
でも骨も分解してしまったら美味しい出汁に変身~
うちの場合は近所の人が切断機も真空パックにする機械もあって、その場で切断してくれたのです。骨も残さず買ってスープにしてます。尻尾は犬のロッタへ。トナカイのお肉は身が詰まってて美味しいですよ!


<< フィンランド料理 レシピ本... ハロウィンのケーキ 楽しいデコ... >>