スプーンをルサイクルして…
d0090294_17474980.jpgフィンランドでは、赤ちゃんが生まれたらスプーンを贈ったりする習慣が一昔前は盛んだったそう。今は昔ほど盛んな習慣ではないんだろうけど、お店に行くと贈呈用のが売られています。そしてスキー大会や趣味の大会などの景品がスプーンだったりもしたそう。シルバー素材だったり加工されているものだったり。そんなスプーンを使ってジュエリーを作りましょう!と言うワークショップに先週末参加してきました。場所は隣の町。車で約45分、ゲストハウスのワークショップを使って先生が来て2日間の丸々ワークショップでした。1日目は10-17時/2日目は9-14時。「自分の時間を大切にね」とA-Jに言われ、彼が子供達と一緒に過ごし、私は近所の女性達と一緒に楽しい時間を過ごしました。時間を気にせずに集中して作り上げたのは大学時代振り!
d0090294_18113427.jpg
紫の服を着ている先生、彼女のデモンストレーションは手品を見ているかのようでした。テキパキと動いて何でも出来ちゃうテクニシャン!1本のスプーンをグニャリと曲げて指輪を作ったりね。1本のシルバーワーヤーを使って留めがねボールを作ったり。
d0090294_18121756.jpg
私は指輪よりもピアスが好きなので1日目は2本のシルバースプーンから3セットのピアスを作りました。(フック付きのね)スプーンの形状を残す・分からなくするを目標にスプーンの部分・柄・トップをそれぞれバラバラにして磨いて出来ました~。2日目はシンプルに表面に差をだしてピアスとブローチが完成!留めがねも手作りですよ。
d0090294_18115229.jpg
今回のワークショップでつくづく思ったのが、私って日本人!まーあたりまえですけどね…例えば、このラインが真っ直ぐではないからヤスリで細かく削るとか、微妙なバランスが気になるとか。フィンランド人の方達は「楽しめればそれで良い」と思うかもしれないけど私は楽しみながらも極める?これって文化の違いなのでしょうかね!?
d0090294_18111060.jpg
今回のワークショップ、自分の持ち寄ったスプーンで自分でデザインして自由気ままな感じでした。こういうスタイルはよくある事なので出来上がった作品がバラエティー豊かが個性むんむん。秋・冬はワークショップで大忙しの先生。夏は時間があるそうなのでラーヌヤルビの村のワークショップに招待しました。お楽しみは来年の夏にね!
[PR]
by Kippis_Y | 2012-10-03 18:34 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
Commented by iomlove at 2012-10-03 22:04
こんにちは。
素敵なアイディアで素敵な品々に変身した姿が美しくて
惚れ惚れしてしまいました。 
Commented by Kippis_Y at 2012-10-04 06:18
♪iomloveさん
有難う御座います。先生、色々な道具と技を持っていてバリエーション豊富でした。同じスプーンでも沢山の種類が出来て、最後に皆で他の人の作品をみたりして。やっぱり、女性はこういうの好きですよね。女性で良かった!
Commented by blossomart at 2012-10-04 17:52
こんにちは♪
「自分の時間を大切にね」…て、いいですね。
すてきなワークショップと共に、楽しそうでいいなと思いました。
Commented by yuriko_chan at 2012-10-05 20:53
素敵な習慣ですね!

スプーンとは思えないわ!!
Commented by Kippis_Y at 2012-10-09 21:10
♪blossomartさん
私も自分の時間を楽しめました。
子供達もパパと楽しそうでした。そして私に会えた時、子供達はハイテンション、笑
こういうワークショップ、また参加したいほどでしたよ!
Commented by Kippis_Y at 2012-10-09 21:11
♪yuriko_chanさん
こういうアクセサリーを作っている人、少なくないそうですよ。
良いアイディアですよね。


<< 田舎暮らし 新本! マリメッコの図鑑本 M... >>