募集中! フィンランドでフィンランド料理 ワークショップ&ホームステイ
d0090294_1843698.jpg
森と湖の国、フィンランド。自然が豊富なフィンランドでは自然に沿うようにシンプルな料理が多い気がします。あまり飾らずシンプルに、素朴で優しい味。比較的に日本人に合う味が多い気がします。フィンランド現地で、北欧ならではの食材や器具を使いアットホームな雰囲気でフィンランド料理を私と一緒に作ってみませんか?フィンランド料理ワークショップでは朝からメインディッシュを作り、昼食を食べ、午後からは3時のおやつの為にお菓子を作ります。メニューは質問も交えながら後程、確定します。

ホームステイステイ先

ワークショップ&ホームステイする場所はラーヌヤルビ村。ラーヌヤルビの村はロバニエミ空港から車で約60km西北、スウェーデンの国境まで約46kmに位置しています。人口約200人の小さなトナカイ村です。村には小さな小さな日用雑貨店が1件、あるのは湖や森、自然のみです。秋~春にかけて村ではオーロラ観測も出来ます。
今回のステイ先は村に住むフィンランド人家庭にホームステイです。ホストマザー、ホストファザー、ホストシスター2人、ホストブラザー1人。湖が目の前と言う景色のとっても良いお家です。村は夜は暗くなってしまうので、オーロラ日和の日はオーロラが村から観測できます。村にはレストランも大きなスーパーもないので1日3食の手料理を家族と一緒に食べます。家族との時間がある時に、ホストマザーやファザーと一緒に料理も可能です。家庭で作るラップランド料理は格別ですよ!トナカイ村なので新鮮なトナカイのお肉も食べられるのが魅力の1つです。ホストマザー、ファザーはフィンランド語、英語、ドイツ語、フランス語が可能です。過去に日本からのゲストを向かえ、日本にも大変興味があります。旅行客も来ないラーヌヤルビの村での毎日生活、本当に貴重な忘れられないローカルな体験となります。


おおよそのスケジュール

1日目(12日・金)17時40分 ロバニエミ空港着。送迎車で約60キロ離れたラーヌヤルビに到着。
村の学校へ着きホストファミリーとご対面。各家庭で夕飯。
2日目(13日・土) 家族と団欒
3日目(14日・日) 家族と団欒
4日目(15日・月) フィンランド料理ワークショップ 
5日目(16日・火) ロバニエミ訪問。アルクティクム博物館・トナカイの靴のお店、プーッコのお店訪問。
6日目(17日・水) 蚤の市訪問。ロバニエミ空港13時55分発 ヘルシンキ→日本帰国
※9月下旬からオーロラが観測できる日もあります。天候次第ですが、夜はオーロラ観測が出来るかもしれません。
※同時期にホームステイ&プーッコナイフwsが開催されますので、12・16・17日に合流があります。
※調理器具やキッチン用品の販売・その他の雑貨販売も行う予定です。

【定員】 2人  

【お値段】 パッケージのみの料金になります。航空券は各自で手配して頂きます。
料金、その他の詳細はメールにてお問い合わせして下さい。 info(at)kassunkoti.com 
[PR]
by Kippis_Y | 2012-09-03 14:51 | ちょっとお知らせ/info


<< 募集中! フィンランドでプ... 自家製 カシスジュース >>