レトロ柄のワンハンドルバッグ
d0090294_15374736.jpg



随分、シワシワになっていますが、かれこれ1年近く愛用しているレトロ柄のワンハンドルバッグ。子供と一緒に出かけるときは布製の大きなバッグ。中には写真の2つのサイズのバッグも入れて出かけます。1人で出かける時はマリメッコのショルダーバッグか皮のショルダーバッグ、そこまで~と出る時は、このワンハンドルバッグを使っています。

d0090294_1538676.jpg

一見小さそうに見えますが、結構な量入ります。大きいほうは高52cm×横35cm~23cm、小さいのは高39.5cm×横23cm~18cm。小さい方には子供のオムツやタオルなど入れていますがお弁当箱や水筒、ペットボトルも入れられるサイズです。外の生地は少し厚めで60-70年代の生地を使っています。中は少し薄めですが、いちよリバーシブルです。この生地、元はテーブルクロスだったのです。汚れてしまったテーブルクロスでも汚れ部分を切り落とせば十分に他のアイテム作りの材料になります。
要らない生地はない、古着でもジッパーやボタンは使えるし、生地も子物作りや雑巾としても使えるし...古着などを捨ててしまって、新しくジッパーを買ったり、そんなのもったいないし、環境に優しくない。そう思ってしまうので登山が出来るくらいの生地の山です。
d0090294_1612762.jpg
他にも違う種類があるので何点かご紹介します。まさにレトロ柄こてこて~というような緑地に葉ながらの柄。これはカーテンから出来ているので生地が丈夫です。
d0090294_1614589.jpg
実際はもっと緑と黄色の色がハッキリしているのですが、こちらの生地で作ったバッグもお勧めです。これは元々はカーテンでした。夏用のカーテン(レースではないです)なので織りがザックリしていて手触りが少しゴワゴワ。でも、この感じがユニークで発色もよいので気に入っています。外観がハッキリしているので中はおさえて山吹色。
d0090294_1673470.jpg
これまた私好みの茶色地にクラクラしそうな程、可愛らしい花柄。こちらも、元カーテンでした。
d0090294_1622827.jpg
小さな花柄は女性らしさがありますね。両側ともシーツ生地で作ったのですが、この位の小さな柄なら着ている服も邪魔されないし落ち着いた感じですね。

こうしてリサイクルして生まれ変わったバッグ。生地に限りがあるので、何処の部分を切って使うか悩む事もあります。物によっては1つの生地から1点しか出来なかったり。殆どの生地や柄が、もう生産されていないので基調な品です。なので愛着がわきます。もしも気になる方がいましたらコチラからご覧になれますよ。他の種類もあります。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-06-07 16:18 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(0)


<< 壁紙貼り リビングルーム ゲストルーム作り 壁紙編 >>