トナカイの皮で…
d0090294_4282978.jpg
ミシンを使って作業していた時、突然インスピレーションがやってきました。メモを取る事もなく、手で触って、ひたすら直感のみ。そして出来上がったブレスレッド。これは今月中旬に1年半のインターンシップを終えロバニエミから日本へ帰国した友達へ渡しました。トナカイの皮を二重に貼り合わせ、ボタンは本物か合成か不明だけど木で出来ているような感じです。大学時代に知り合った友達のお店で購入したもの。このツヤのある大きなボタンが魅力的でしょ。
d0090294_4345268.jpg
この留め金部分がズレてしまっているとこが、悔しい…直感でし、勢いは良かったもの、1つ崩れると渡す勇気をなくす私…でも何とか渡せました。でもね、彼女の弟さんは趣味でしている皮細工職人なんですって!ひゃ~、やられました。でも私の気持ちです。

ボタンと言えば、一体、いつ使うんだい?と自分で聞きたくなる程のボタンを大きな缶の中に入れてあります。そして不要な服からもボタンを取り、落ちているボタンも拾い、くるみボタンも作り…一体、何なんでしょ、この収集癖。既製品の衣類を買ってボタンを交換したり、飽きてしまった服のボタンを交換したり、ボタンネックレスも作ります。ちなみにボタンはフィンランド語でnappi。可愛い響きですよね。話が随分反れましたが、トナカイの皮&ボタンの組み合わせ、余裕があったらデザイン進化させてみようと思います。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-05-03 15:43 | 雑貨・インテリア/Interior


<< フィンランド・ラーヌヤルビの村... 修復 レトロ柄のベビーカー >>