修復 レトロ柄のベビーカー
d0090294_2254464.jpg
春になるとしたくなる事。壊れたものの修理。不要になった衣類のボタン・ジッパー・ハギレ取り。春の光が差し日も長くなると冬の間に溜めておいたものの整理なります。でも沢山あって、なかなか追いつけませんが。先日は子供の玩具:ベビーカーをなおしました。左はビフォー、右がアフター。

d0090294_22551216.jpg


この玩具ベビーカーは、ロバニエミの前の前の家に住んでいた時に近所の人から頂きました。娘さんが小さい時に使っていたらしいので柄が80-90年代風です。60-70年代柄が好きな私は、カバーを変えたいとずっと思っていました。でも、子供達はこの玩具が大好き。家の子供だけではなく、どの子供も男の子・女の子関係なく好きな様子。人形を座らせて押したり、実際に座って押してもらったり。そんなこんなしているうちに、ついにやってきました。そう、布が破れたのです…
d0090294_22553486.jpg

青と赤のコントラストに黄色はどうかな、と思ったけど花柄が可愛いので気に入っている布で新しいカバー作り。きっとまた穴が開くと予想して、穴が開きやすい部分は中に集めの生地を一緒に縫いこんであります。「乗るな」と言っても小さい子は聞かないのでね。怪我しない程度なら良いんです。万が一、また壊れても柄のチェンジとして楽しめば良いや、っと多めにみます。

この小さなベビーカーの他に実際に赤ちゃんを乗せられる70年代のレトロなベビーカーが地下室にあります。カバーはカビが少々生えているので気が剥いたら剥がして新しい生地を付ける予定です。実用性と言うよりはディスプレーか子供の部屋に置こうかな。古いものをなおして完成した時の満足感がクセになるんですよね。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-04-25 05:25 | 雑貨・インテリア/Interior


<< トナカイの皮で… フィンランドのドーナツ munkki >>