イースター
d0090294_1453143.jpg

今日も雪がちらつき、朝掃いた玄関は夕方には白くなっていました。春の小雪ですが、気温も暖かくなっているので湿っぽく太陽が出れば溶けてしまう雪。太陽が夏の出番の準備をしているかように夜も遅くまで明るいです。仕事を終わらせ帰宅し夕飯を済ませたA-Jは中古で買ったスノーモービルを日が沈む前までに、と連日修理しています。
さて、4月6日~9日はイースター休暇でした。ラーヌヤルビの村では子供達のスキー大会やアイスフィッシング大会などで賑わいました。天気も良く、真っ青な青空が広がっていました。8日の午後、家の前=小学校のグラウンドに村の人達が…いつものスケートリンクに行ってみると、氷の上にカーペットが敷いてあり面白い光景が目の前に現れました。

d0090294_1523568.jpg
d0090294_1455276.jpg
氷の上でボーリング!
北海道に住んでいた時、長靴アイスホッケーはした事あったけど氷の上でのボーリングは初めて。よく滑るし結構普通に楽しめます。立ち位置にカーペットが敷いてあるのが効果があるようです。ここのスケートリンクは毎年、近所のヨルマじいちゃんが作っているようです。氷の下は砂利、冬の始め氷点下になる頃、朝・夜に水をまいて凍らせ何層にもしてスケートリンクが作られていきます。氷の上に雪が積もれば雪かきをし、いつでも誰でも滑れるように管理しています。そんなヨルマのじいちゃんに感謝の気持ちを込め村の人達から集めたお金を渡しました。目立つ事が苦手なのか、皆の集まる所には寄って来ず、なので皆でお家の玄関先まで行って渡しました。照れくさそうだったけど嬉しそうでした。
d0090294_1462540.jpg
子供達の発想は豊か。雪かきの道具も座って引いて氷の上を滑ります。
d0090294_33754.jpg
そして、イースターの食べ物として子羊の肉を食べるのですが、国産の子羊の肉を買い一晩マリネードをし(にんにく、ミントの葉、パプリカ粉末、塩・こしょう、蜂蜜、醤油、オレガノ、オイル)じっくり、ゆっくりオーブンで焼きジューシーなお肉が焼けました。A-Jが作ったワインのソースと一緒に美味しく食べました。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-04-19 03:10 | 村の生活/village life


<< フィンランドのドーナツ munkki 救え! 70年代 レトロキャビ... >>