フィンランド・ラーヌヤルビの村でホームステイ&白樺のカゴ作りワークショップ! 参加者募集!
d0090294_2285541.jpg
※この記事は4月16日にアップしましたが、しばらく、先頭におきます。
【定員8名】 残り2名空きがあります。
定員8名様満席になりました。 5/16
夏にフィンランド旅行をお考えの方、フィンランドでホームステイをしてみたい方、白樺のかご作りを一通り体験してみたい方、必見です!ロバニエミから約60キロ離れた、とっても田舎の村、ラーヌヤルビでローカル体験してみませんか? 5泊6日みっちり余す事なく自然に触れ、フィンランド人のお家でホームステイ。滞在中には白樺細工50年以上の経験暦の、おじいちゃん先生の元、白樺のカゴ作りワークショップを開催します。実際に森へ行き、自ら樹皮を採取し、下準備からカゴ作りまで全て自分で一通り行います。。※注意点ですが、白樺のカゴは手の平大サイズ、又は両手に収まるくらいのカゴを予定しています。雪解けが始まったら森の白樺にマーキングをしに行きます。お一人様、樹皮の量は白樺の状態や参加人数によっても異なってきますので、ご了承下さい。


ステイ先は我家(最大4人まで滞在可能・2部屋なので1部屋を2人でシェアします)、他に村のファミリー宅にホームステイです。家族には小さなお子さんやペット、馬やトナカイなどの家畜がいる家庭が多いです。アクティブでお料理上手、器用なファミリーばかりです。村にはレストランも大きなスーパーもないので1日3食の手料理を家族と一緒に食べます。家庭で作るラップランド料理は格別ですよ!トナカイ村なので新鮮なトナカイのお肉や、近くの大きな湖で魚釣りをすれば新鮮な白身魚も食べられるのが魅力の1つです。フリータイムやフリーデーはハンドクラフトをしたり、魚釣りやボート乗り、森歩き、お料理、サウナ、ヴィヒタ作り(サウナに必要な昔からの道具)ソーセージ焼きなど各家庭の皆さんと一緒に楽しんで下さい。英語が話せる家族です。英語が苦手な人でもロバニエミの空港に着けば日本語対応のドライバーがお待ちしています。ワークショップは日本語通訳付きです。各ホストファミリーの家と家は歩いてでもいける距離ですので緊急時は日本語を話せる私達夫婦のどちらかが出動します。旅行客も来ないラーヌヤルビの村での毎日生活、太陽が眠る事のないラップランドの夏、本当に貴重な忘れられないローカルな体験となります。

詳しいスケジュールなどはHPのNEW:Workshop & Homestayをご覧下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-05-03 15:44 | ちょっとお知らせ/info


<< 北欧レトロ雑貨 ウェブストア ... トナカイの皮で… >>