keppiheppa 子供達の大好きな遊び道具
d0090294_4465680.jpg


今日は暖かい日で雪が溶けて水がポタポタと落ちる音や、屋根の雪がドンッと落ちる音も聞こえてきました。まだまだ雪は沢山積もっているけど、今日の天候で玄関先の雪も随分溶けていました。うっかりしているとツルッと転んでしまいそうな程。日中の日は眩しい程になって夜7時頃になるとブルーモーメントが始まって辺りが青くなります。毎日、太陽が出ている時間が少しずつ延びて夜も明るく、私の好きな白夜の日々が確実に近づいています。今回の冬は例年以上に早く過ぎ去って行ったと感じたけど、これからやってくるフィンランドの貴重な夏は毎日、楽しんでいかないと。と言っても、春先を楽しまないとですけどね。
d0090294_4473567.jpg さて、このkeppiheppa: 馬は昨日我家にやって来ました。こういう玩具は1個だけだと、ことり、あんじんで取り合いになって喧嘩が始まるのですが、A-Jはちゃんと2頭買ってきてくれました。棒の先に馬の頭が付いていて赤いボタンを押すと「ihaaaa」と馬の鳴き声や走る音が流れます。棒に跨って頭に付いた綱を持って乗っている様に走ったりする遊び道具。こんなにシンプルな玩具が子供には昔から大人気で、中にはとってもレトロなものもあります。テレビのニュースで見たのですがケッピヘッパに乗って障害物競争大会なんかもあるんだそう・笑。子供達も大喜びで朝から夜まで1日中持ったり走ったりしています。子供の頃、魔女と言って竹ぼうきで遊んだけど、それに近いものがあるのかな。子供が乗っている所を正面からみると本当に馬に乗っているようなので見ている大人も楽しめます。白いのは、ことり・茶色いのは、あんじんだそう。ことりルールで決まりました。馬と言えば、ラーヌヤルビの村には馬やポニーを乗馬用に飼っている人が結構います。田舎ならではなのでしょうか。日本の田舎では、そんなに見た事なかったな。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-03-17 05:09 | フィンランド色々/Finland


<< 夏時間開始 フィンランドの定番おやつ シナ... >>