フィンランドの定番おやつ シナモンロール
d0090294_6104366.jpg
先週末だったかな、玄関の鍵をかけずに寝てしまい、そんな事にも気が付かなかった朝、私は布団に包まってソファーで居眠り、息子あんじんは私の顔の真横に座ってテレビを見ていたら、犬のロッタが鳴き、何事かと思ったら近所のおじさんが家の中へ入って来ていました。さすが、田舎暮らし。玄関の鍵が開いていると人が入ってきます。結局、おじさんは携帯の使い方が分からなくA-Jに聞きに来たのだけど、ダラダラした生活、油断できません。

前置きはさておき、とっさの来客にも強いフィンランドの定番の焼き菓子、korvapuusti。殆どのレシピは粉を1キロ弱くらい使うので結構な量が出来て冷凍保存も出来るので便利です。でも焼くと、ついつい食べてしまうので、我家の場合は、おやつ分2日分+冷凍保存1、2回分程で完食してしまいます。
d0090294_611477.jpg
シナモンロールを焼く時、私は必ず半分の生地でプッラを焼きます。丸く形成しただけなので、パクッともっちり、しっとりしたプッラを食べる事が出来て同じ生地でも違った触感・味を楽しめます。こういったプッラやシナモンロールは子供が小さい内から、お母さんやおばあちゃん、中にはお父さんや、おじいちゃんから教わったりするので小さな子でも上手にお手伝い出来ます。もうすぐ3歳半になる、ことりも刷毛で溶き卵を塗るのが上手になりました。
d0090294_611258.jpg
ことりの焼いた、うさぎプッラ。
シナモンロールの巻き方は Kassun koti のレシピからご覧になれます。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-03-12 08:06 | 食べ物色々/food


<< keppiheppa 子供達の... 冬のカーペット干し >>