春へ向けての光
d0090294_16405768.jpg
今朝、8時の段階でラーヌヤルビは-25度でした。今週はこんな感じ、時には下回る寒さのようです。ロバニエミから来ている村の小学校の校長先生は「ロバニエミは今朝-27度だったわ」と言っていました。体外、ラーヌヤルビの方が気温が低くなるのですか今日は違ったようです。先週末は-20度の中、旦那様は村の人達と一緒に湖の氷をチェーンソーでカットしていたのですが、さすがに寒くてチェーンソーが動かなかったそうです。これから彼は大学・ロバニエミの氷のプロジェクトに向けて大急がしになるので寒い中、体調が守られますように。

d0090294_16411678.jpgこんなに寒いと少し位、外に出るなら気持ちが良いんです。空気がピンと張って、内陸なので湿気も少なく空気が乾いているので数値程寒くはないんです。でもやっぱり、長時間外にいると着込んでいても寒くなります。出ている顔の部分がヒリヒリジリジリ、まつ毛や帽子から出ている髪も凍るんです。そんな凍った姿を「見て見て、凍ってる」と言って見せるのも楽しいんですけど、でもやっぱり寒いんですよ。
フィンランドの冬を経験すると日に日に、昼間の時間が長くなっているのが目にみえてきます。そして昼間の光もクリスマスの時期とは違う明るさがあって、「もう春の光が来たんじゃないか」と錯覚してしまう事も。でもまだまだ冬です。たとえ太陽が出ていない日でも日中明るいと希望を感じます。光って凄いね。それから、寒いと雪も解けずに積もるので積もった雪の上を見ると大きな綺麗な結晶が見られます。空が真っ白な曇りの日でも、あまり憂鬱にならない冬。雪も白いので本当に黒と白=銀世界になるのです。

d0090294_16413657.jpg
私達の住む場所からすぐある森の入り口(中央写真)。引っ越した当初から、この道が好きなんです。車は入れない程の道、入り口は狭く両端に大きな高い木があります。森にはベリーやきのこがあって冬は木に積もった雪が綺麗でナルニアの雪の世界にいるよう。その先にスポットライトを当てたかの様に光の入ってくる場所があります。反対側には森、片方には畑や遠くの湖が見渡せます。また先を行くと森。ちょっと特別な場所に感じます。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-01-31 17:08 | フィンランド色々/Finland


<< フィンランド人 謎 フィンランド語 面白い直訳 >>