クリスマスツリーを取りに森へ
d0090294_82132.jpgクリスマス皆さん如何でしたか?今年はヘルシンキに住む義理のお母さんは自宅で過ごしたので家族4人となりました。いくら片付けが面倒でも毎年クリスマスの木は生木にこだわる旦那様。クリスマスの数日前、車で15分程走った森から取ってきました。ベリーやキノコ類は森から採るのは無料ですけどクリスマスの木は自分の土地以外の場から勝手に切ってはいけません。でもフィンランドのオウル市&ラップランド地方では国が管理している森から取る事が可能です。条件は、お金を払って自分で森に切りに行く!携帯で購入可能・支払いは電話請求で。エリアはネットで探します。木1本あたり4.93ユーロ。お店で買うと20ユーロ~します。なので断然お得。まーその分自分でする手間・仕事はありますがね、=。でも、これもフィンランドの文化&クリスマスの恒例行事となって物好き我家は好きです。
d0090294_825893.jpg
子供も引き連れて車で森へ。家里から離れるとグッと行きも増してあたりは木と雪だけ。MacにUSBを繋げて地図をみながら。道の看板もないので地図にある「左の道が2回出てきた後が管理されている区域」それを頼りに&管理されている事が分かるサインを探しながら...この道は車1台しか通れないので対向車が来たら、どうするんだ?と思う程でした。幸い誰も来ませんでしたけど。
d0090294_832057.jpg
道沿いの木を取る、3m以上の木は切ってはいけないのが条件。小さめの木を切ったつもりでも森で見る小さめの木、家に持ってくると結構大きいんですよね。
d0090294_834216.jpg
斧やノコギリ、手袋は必需品。そんなに太い幹ではなかったのに旦那様の大好きな日本のノコギリが真っ二つに折れてしまいました。なのでFiskarsの斧で切り倒しました。
d0090294_841580.jpg
雪まみれになって出てきた旦那様。近所のトンミ&リーッカから借りたトレーラーに木を積みます。お礼に忙しい彼らにも木を1本切ってプレゼントしました。写真でも分かるように、どうやらトレーラーを接続した際にランプの接続が悪くなって前と後ろのランプが消えてしまいました。その後、暗くなった森を片目ランプでUターン場所を探しながら直進、ようやく見つけたと思ったら雪が多すぎ&重すぎでUターンがスムーズにいかずトレーラーを一度外して押して設置。旦那様が1人で行かなくて良かった。木を取りに行く時は2人以上・もしくは強い妻もご一緒に。
d0090294_843690.jpg
飾りつけは24日のお昼の後にクリスマスの音楽を聞きながらしました。

d0090294_845432.jpg




ツリーは普段はあまり使っていないゲスト用の1階のリビングに。近くに行くと、かすかに木の良い香りがします。ツリーを置く時に必要なスタンド。立たせるのが目的なのと水も入れられるので乾燥も防ぎます。このスタンドをする時に余分な枝を切るので、我家ではクリスマス料理の飾り付けに使ったりサウナのコンロ上の熱くなった石に水につけた枝を少しのせて香りを出すのに使っています。このクリスマスツリーは1月上旬まで飾っておきます。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-12-26 08:16 | 村の生活/village life


<< クリスマス料理 クリスマスメッセージ >>