限定カフェ 第2回目 夏のお菓子 
d0090294_2512027.jpg
先週末はラーヌヤルビの村のマーケットでした。2週間前は村のお祭りだったので、その時にオープンした小さなkoulumuseo:学校博物館も引き続きオープンでした。私達の住まいの目の前にある赤い壁&黄色いドアの建物。今までは物置だったけど村の人が片付けて昔からあった道具や資料を小さな部屋に飾りました。中はこんな感じ↓。木で出来ているせいか、何十年経ってもしっかりしてて味わいがあって私は実際、その時代には居なかったけど何処となく懐かしいような感じでした。
d0090294_2574857.jpg
d0090294_2581399.jpg

d0090294_342730.jpg
博物館の隣は折り紙ワークショップ。2週間前はロバニエミから日本人の先生が来て、高校生のカイサと一緒にワークショップを開催してくれたけど今回はカイサのみ。先生が残しておいてくれた作り方資料も前回同様に壁に貼って。材料はすぐ近くに置かれ、参加者は自分で取って見て折る。というセルフサービス法。材料はちゃんと広告で折られた箱に入っているという細かさ。これなら実際に目の前で教えてもらうのが恥ずかしい人や、教える側が忙しい時は自分で折ってもらう事も出来るしね。とっても関心です。ところで、広告や新聞紙を使って折る日本の箱、あれはとっても便利ですね。家では読まなくなった雑誌や広告で作った箱をジャガイモの皮入れ用にしています。日本人は普通に使っていますけどフィンランドの方には刺激的だそうです。折り方も簡単だし便利、そしてエコ!


d0090294_3133576.jpg今回も限定カフェをしました。前回人気だったチョコレートケーキとデイツのケーキ。そして新作は夏をイメージしたタルト。小さなタルト生地を焼いて中にレモンカード、上にネクタリンと畑で取れたレモンバームに裏庭で取れたラズベリーをのせて。「こんなに可愛いケーキ!」「小振りで上品で日本らしいわ」と言ってもらったりして1番人気。中にはどれにしようか迷っている人もいたので濃厚なケーキをお好みの人はチョコレートケーキ、クラシック系が好きな方にはデイツのケーキ、そしてサッパリ目が好きな人は酸味の効いたレモンタルトとアドバイスしたら選びやすかったようです。ケーキを今回作っていて思ったのが、自分で食べるよりも焼く事が好きだという事。試行錯誤がまた楽しい。料理、特にお菓子作りは科学と美と深く関係しているなと思うんです。学生の時は科学なんて苦手だったのにね。色々な面で限定カフェをオープンして良かったな。子供の子守をしてくれた近所の人にも有難う。彼らがいなかったら、スムーズにいかなかったと思うな。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-08-04 05:07 | 村の生活/village life | Comments(14)
Commented by etigoya13 at 2011-08-04 07:49
またまた素敵なケーキが並びましたね。私はレモンカードのタルトが良いかも。
そして村の人が飾った物置だった博物館素敵。こういう空間が醸し出せるのが木造の良いところなのかもしれませんね。
Commented by pippuri at 2011-08-04 12:46 x
はじめまして、こんにちは!
macoさんのブログからお邪魔させていただきました。時々読ませてもらっています♪ お菓子がすごくかわいくておいしそうで、なにかそういうお仕事とかされていたことあるんですか? f^_^;

新聞紙って何かと便利ですよね。私も野菜の皮を剥いたら新聞紙で包んで捨てたりしてます。あとインコを飼ってるもんで放鳥した際に汚された床を濡らした新聞紙で拭き取ったりしています。

フィンランドの文化と日本の文化がうまく共存する街になったら素敵ですね☆
Commented by Kippis_Y at 2011-08-05 20:08
♪越後屋さん
レモンカード、簡単な材料で出来てお手軽ですよね。
甘いのが苦手という日本人男性にも受けがよいですよ。
でも、フィンランドの人は男性女性に関係なく甘いの好きですね。
ロシアの国もそうかしら?
木造の良さ、そうなんですよね、何十年経っても味があって。
でも、さすがに毎日は住めないけど、たまに中に入るには雰囲気たっぷり!
Commented by 3legumi_mimi at 2011-08-05 20:14
スイーツを作ってる時のワクワク感、気持ちもどんどんUpします!
kippisさんのケーキを晴れた空の元、風を感じながら食べたいな〜
Commented by Kippis_Y at 2011-08-05 20:17
♪pippuriさん
はじめまして!macoさんのところから入らして頂いたのですか~
嬉しいですねぇ。
いえいえ、全然、携わる仕事はした事ないんです。
むしろ、結婚前はお菓子作りなんて不向きで、お菓子作りが上手な姉と一緒にしても私のは変になってしまっていたのです。人生本当に何がどう変わるか??そんな感じです。お菓子作り始めたての頃は、どうしても膨らまないな、このシフォンケーキっと思ったらベーキングパウダー入れ忘れたりと…
新聞紙、便利ですね。インコのお掃除にも使われてるとは、素晴らしい!
日本のあの柔らかいティッシュじゃないとこが。日本のティッシュと言えば、絹のような柔らかさで2年前に日本へ行った時、何だかもったいなくて無駄使いできませんでしたよ~。紙の国、フィンランドと言われてましたけど、日本の紙、素晴らしいですね。
Commented by Kippis_Y at 2011-08-05 20:24
♪3legumi_mimiさん
型から抜く時の緊張感とか、切り分けるときの、あの感じ。
そして食べた時の反省うんぬん、そして次回への期待、カロリーうんぬんは別として…笑。ねっ!
Commented by kajitacandles at 2011-08-06 20:20
ケーキ美味しそう!!
私はレモンタルトに一票!
(↓のNYチーズケーキも捨てがたいです)
オーストラリアはとにかく甘くて大きいケーキが主流なので
小さくて繊細な日本のケーキが恋しいです。
限定とはいえカフェをしてみてKippisさんも
良い気分転換になったのでしょうか?
ご近所だったらぜひぜひお邪魔したかったです。
Commented by Kippis_Y at 2011-08-07 03:26
♪kajitacandlesさん
私も昔、オーストラリアでケーキを食べた時に大きくて甘くて1切れ食べられませんでした。(でも今ではいけそう!)ホストマザーは私の夜の帰宅後でも紅茶と何かお菓子を用意しててくれて、今思えば贅沢だったな~っと。それにしても、ミルクティーが濃くて凄く美味しかったんです。オーストラリアでは1日に何杯も紅茶を飲む、そんなイメージも出来ました。でも本当かしら?!
カフェは毎日だったら大変かもしれないけど、たまになら、またやってみたいな~っと。近所の人達&子供達が子守をしてたから勤められたんですよ。ほんと、感謝です。
Commented by etigoya13 at 2011-08-07 11:32
ロシアも男女関係なく甘党が多いですね。
我が家は連れ合いが甘くてもまあ食べるほうですが、私はある程度の甘さを越えると全く食べないので、何時もロシア人に「貴方は飲物も甘くしない、甘い物も食べない、だから痩せてるのね」と言われます(苦笑)
でも甘い物を食べないからじゃなくて、他の食生活が全然違うからだと力説したい!(笑)
Commented by tictactoeinla at 2011-08-09 13:03
小さなタルと!!!可愛すぎて食べるのもったいないくらい(笑)Kippisちゃん、お疲れ様でした。
学校博物館・・・木のぬくもりを肌で感じられるあたたかい建物。素適ですね!道具や資料もいい感じ。こんな学校で子供時代を過ごせるのってイイですよねぇ。何だか懐かしい感じです。実際に通われてたことがある方たちにとっては、感無量だったでしょうねぇ~。折り紙ワークショップも頑張られていた様子が伝わってきます。分かりやすくていいですね。私も、参考にさせてもらいます。
素適な夏の思い出がまたひとつ増えましたね♪
Commented by Kippis_Y at 2011-08-09 22:54
♪越後屋さん
ははは、ロシア人の方、ハッキリ言いますね~!
ロシアではお肉の脂身とか食べられています?あの日本のような。
こちらでは脂身少ないのが多くて、私なんてあの豚肉の脂身とお肉を一緒に食べるのが美味しいのにーって思うのに、、。でも食生活、毎日の事考えたら食べ過ぎは禁物ですけどね。
Commented by Kippis_Y at 2011-08-09 23:07
♪tictactoeさん
あははは、嬉しいコメントありがとうございます!
学校博物館の他に校内で昔の写真の写真展があって足を運んだおばぁちゃんは、彼女のお姉さんの写真を見つけたの~っと嬉しそうでした。小さな学校だけど今も存在するって応援したくなっていまします。
ほんと、tictactoeさんの言うとおり素敵な夏の思い出が出来ました!
Commented by etigoya13 at 2011-08-30 16:45
ロシアでも村のような田舎は赤味の牛肉の方が多いですが、豚肉は別。なにせ脂身そのものを塩漬にして頂くぐらいなので脂身食べますよー。
あれは危険なんです。黒パンへ乗せて大蒜と一緒に食べるとウォッカも進むし、何より美味しくて食べすぎるし。なにせ脂身だけの塩漬だから危険危険。
あ、でもだから肉の方にはそんなにガッツリと脂身は付いていないですけれど、全く無いと言う事は無いですね。ソテーには付いて来ますよ。
Commented by Kippis_Y at 2011-09-02 21:54
♪越後屋さん
わ~面白い脂身の料理!ちょっと食べて見たいわ~
保存食として民間でたべられているのかな。
私の旦那様はサーミ人が料理してくれてトナカイの脂身を炭でグリルして食べたそうです。脂身料理、かわってますね、笑。


<< 私の好きなフィンランドの風景 白樺の魅力  >>