被災地の赤ちゃんへミルクを
d0090294_2325654.jpg東北の被災地の方々や福島の原子力発電所、水や節電の件、諸々をニュースで目にすると頭痛の続く日々が続いていました。実際に見えない分、余計に心配になって。週末に埼玉に住む家族とスカイプをしたら、出てきた姉の笑顔で不安が少々取れました。「被災地の方達の為にも出来る事はしていく」その言葉にハッとさせられました。姉の話では家族中で着なくなった服を集め団体に渡し衣類は岩手県の被災地へ届けられるそうです。それから釧路市に住んでいた時に知り合った小田君はこんな活動もしています。「くよくよしている場合じゃない」と逆に勇気付けられました。

8月に第2児も生まれた事だし家族で4月に2年振りに日本へ里帰りしようとしていました。義理のお母さんの60歳の誕生日祝いとして彼女も一緒に日本へ行く予定でしたが、今回の状況を考えフライトキャンセルして先延ばしにしました。旅費の一部を被災地の方々のために募金します。

d0090294_23401712.jpg募金先ですが赤十字にしようと思っていたのですが、被災地でミルクを必要としている赤ちゃん・お母さんの為に協力します。詳しくは「キノコネコノユトピア」のmacoさんの記事を拝見して下さい。フィンランドでは、とっても便利な赤ちゃん用のミルクがあります。水は一切不使用で紙パックを手で開ければすぐ赤ちゃんに飲ませられます。きっと被災地ではストレスで母乳がでなくなってしまったママや、お腹が空いてもミルクを十分に飲めずに泣きじゃくっている赤ちゃんがいるはず。私自身、第2児、あんじんが生まれてから母乳の出が悪くtutteliのミルクにお世話になっています。今でも覚えているのが、ミルクの在庫が無くなってしまって出なくなったおっぱいを一生懸命吸っては顔を真っ赤にして泣きじゃくっていた我が子。出ないと分かりつつ一生懸命絞ってみたけど結局結果は同じ。幸い出先中だった旦那様にお願いしてミルクを買ってきてもらいました。目を腫らしながら勢いよくミルクを飲んでいた姿は忘れられません。どうか小さな赤ちゃんが守られますように。今日も祈ります。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-03-24 00:13 | ちょっとお知らせ/info


<< 村の法則? 皆さん無事でしょうか >>