初めてのトナカイそり
d0090294_621081.jpg
今日は楽しい体験をしてきました。そう、トナカイそり。観光客向けじゃなくて、おじさんの趣味=我が子のために始めたトナカイそり。トナカイのPerttu君は働き者でよく走るそう。はじめは、おじさんが綱を引いて歩いていたけど凍った湖の上まで行くと、おじさんもソリに飛び乗って良い勢いでPerttu君が走り始めました。トナカイがあんなに早く、しかも200キロ以上も引いて走れるなんて驚いた。さすがに舌を出してハァハァしてたけどね。お疲れ様。

冬男=旦那様、毎年冬は雪のホテルのデザインや雪・氷像を作ったり多忙。今年は個人依頼(奥さんに氷の鷲を贈りたい)を受けました。小さい子供がいると言うので家族ごと招かれたので私も行ったのですが、想像以上に楽しく↑な体験もさせてもらて温かい歓迎を受けました。人口200人の小さな町。だからこそ町の人が懐こくて温かいんだね。本の中に迷いこんだような、そんな世界でした。無事に大きな鷲も庭に現れ喜ばれました。
d0090294_6212112.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2011-01-18 06:54 | フィンランド色々/Finland


<< 便利な料理本 Hyvää Uutta Vuo... >>