ロバニエミのオールドマーケット
d0090294_4585354.jpg

d0090294_56389.jpg先週末ロバニエミで3日間wanhat markkinat:オールドマーケットが開かれました。キャンディー尽くしの春のマーケットとは違って規模が大きく色々なお店が出ているのでロバニエミの行事の中でも楽しみの1つ。さて左の写真上にある丸い物体は何で出来ているか分かりますか?これはコーヒー愛国フィンランドならでは?のものを使った鍋敷き。正解は...コーヒーの袋で出来ているのです。他にも編み状や縫い合わせて作られたエコバッグを使っている人をよく目撃します。kirpputori:蚤の市でも袋の束が売られているのを見ます。フェルト雑貨も結構売られていました。フェルトは何色でも綺麗に色が映えるので見ているだけでも満足~。
d0090294_5114926.jpg
マーケットには野菜も売られています。珍しくフレッシュのタラゴンが売られていたので購入。じゃが芋を茹でて塩・こしょう・バターと細かく切ったタラゴンを絡めて食べたら香りが強くて美味しかったです。それから、おばさんにお勧めされたカラフルな人参(オレンジ・白・黄色・紫)はサラダにしたら面白そうだったけどお目当ては葉っぱ付きの人参だったので買いませんでした。葉っぱはスープを作る時に色も映えて栄養も増すしね。普段、定期的なファーマーズマーケットが無いので、こういうお店は嬉しい。それにオーガニックだしね。

d0090294_5555590.jpg
白樺雑貨のおじいちゃん。北欧と言えば白樺の皮を使った靴やバスケットなんか有名だけど私の周りでは、そうそうゴロゴロ売られていません。日々・これから長く使える白樺雑貨が欲しかったのでクッキーが入る程のサイズのバスケットを買いました。それから他のお店では面白そうな気になるキッチン用具があったので買ってみました。これ何かの根っこなのかな。束になってて鍋を洗う道具だそう。「えぇ~ちゃんと落ちるのかしら、傷が付いたりしないのかなー」なんて半信半疑で茶色くなったホーロー鍋の底を洗剤を付けずに洗ってみたら、あらっ綺麗になるじゃないのぉぉ!!これは驚きでした。
d0090294_5494338.jpg
フィンランドの平べったいパンケーキ屋さんもあって、これまた使われている古い道具が味があってとっても良い。鍛冶屋さんのおじさんなんて大きなお腹とヒゲがトレードマークでとってもユニーク。写真の依頼をしたら「カメラが壊れないように」なんて言いながら快く受けてくれました。最後の写真は戦前のロバニエミが焼ける前の様子。色々な事を考えさせられるので好きな写真です。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-08-30 03:42 | イベント/event


<< ロバニエミ 夏の味も終わり >>