自家製ルバーブジュース&自家製ピクルス
d0090294_6275586.jpg
夏に出てくるルバーブを使ってルバーブジュースを作りました。ルバーブの爽やかな酸っぱさとは裏腹に、この淡いピンク色はとっても可愛らしい。瓶のは原液で水と割って飲みます。レモンやライムを浮かばせたり苺やブルーベリーを浮かばせたりするのも何だか夏らしい雰囲気。夏と言えば暑い日は炭酸水と割って飲むのが美味しい。Olvi社のVichyは炭酸がピチピチしてお勧めです。

d0090294_6401664.jpg  ルバーブジュースの作り方

1cm切りしたルバーブ 1kg 
レモンジュース 大3 
水 1.5L 
スライスした生姜 2枚
シナモンスティック1本
砂糖 2dl 


砂糖以外を鍋に入れるバーブが煮崩れするまで煮る。この間、灰汁取りは必須です。煮崩れしてきたらコンロを止め果肉をのぞくため裏ごしをします。この時、スライスした生姜とシナモンスティックも一緒に取り除く。ジュースのみを鍋に入れ砂糖を加え再び温めます(砂糖を溶かすため)。私はこの時も念のため灰汁取りをします。綺麗に熱湯消毒した瓶に入れ冷めたら、水や炭酸水で割って飲みます。

d0090294_6144212.jpg
夏と言えば去年も漬けた砂糖・酢の入らない保存食・自家製ピクルスの出番。この瓶は、まだピクルス用のきゅうりが出始めの6月にお試しで去年とほぼ同じレシピで1キロ分漬けてみました。変えたとこは塩加減を薄くしたのとニンニクの料を少なめに、そして今回は薄切りにしたので漬けて2週間から食べられる。ライ麦パンの上にのせて食べると、これまた格別~。2週間漬けてから食べられる早さは嬉しい&去年と変わらずの味だけど、私は薄切りよりも切らずに丸ごとを漬けて1ヶ月近く待って完成したら一緒に食べる料理によって輪切りだったりスティック状に切って食べるのが好きかな。その方が皮がグニャっとしてなくてパリパリしてて、でもちゃんと漬かっていて美味しいんです。
ピクルス用のきゅうり&クルーヌティッリも先月からグンッと安くなったので、切らずに丸ごとのまま4キロバケツに漬けている最中です。美味く出来ると良いな。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-08-05 02:26 | 食べ物色々/food | Comments(20)
Commented by annebm at 2010-08-06 04:47
お腹の赤ちゃんはどうー?
だいぶ大きくなってきたのかな^^
ルーバーブのジュース、これは初めてききました。
今度絶対に作ってみよう!子供も好きな感じの味かな?
母がよくシソ、梅、カリンジュースを作ってくれたので、こういうの、やってみたかったの。あとピクルスもちょうど、いつも買ってばかりだから、今度やってみようと思っていたところだった。今度作ってみたいな。
ハーブもこうすると乾燥で保存できるんだねえ。
いろいろと面白い情報ありがとう☆
Commented at 2010-08-06 17:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tictactoeinla at 2010-08-07 06:24
ルバーブのジュース、キレイな色ですねぇ~♪ ルバーブパイは馴染みがありますけど、ジュースは初めてです。お水で割ったり、炭酸で割ったり、その日の気分で色々楽しめそうですネ。
お酢と砂糖が入らないKippisちゃん家自家製ピクルス。興味津々です。二つとも、チャレンジしたいです。
4キロバケツに漬けてる最中?わぁ、そりゃたっぷりだぁ~。いーっぱい楽しめますね(^m^) うまく漬かるのが待ち遠しいですねぇ~。
Commented by vialetto at 2010-08-07 10:50
相変わらず丁寧な生活をなさっていて、えらいなァと感心しきりです。
そうそう、お腹ももうかなり大きくなられたのではないでしょうか?

ルバーブのジュースを見て、先日実家から熱中症予防に送られてきた「梅酢」を思い浮かべました。色だけだったらソックリよ。
梅酢ジュースのレモンやブルーベリーでおしゃれにしたら、もっと美味しく飲めるかな?とヒントになりました。
Commented by sakanatowani at 2010-08-09 06:17
こんにちは。おひさしぶりです。yuukです。
ルバーブジュース、飲んでみたいです。興味津々^^。
でもルバーブって、北のものなんですね。こちらでは、見かけないんですよ。残念。
ピクルスをつけたり、そういう生活、したいなあと思います。そのために、収納場所のある家に住まねば(笑)

ブログはじめました。が、(設定時に、こういう形で名前が残るとは想像しておらず)名前が違うので、ここで言い訳しておきます(笑)
Commented by のんこ at 2010-08-09 14:11 x
こんにちわ。minoes改め、のんこです。(って、前言いましたっけ?)
お久しぶりです~。
ルバーブってこっちではなかなか見かけないです。ルバーブのジャムだったら、たまにお店で見かけることあるんですがねぇ。
あの独特の酸味が結構クセになりますねー。
ジュースも飲んでみたいな♪

それでは、お体お大事に~☆
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:35
♪annebmさん
久々にコメント欄を開けてみました。
お腹はね、大きくなって波打つ様にお腹が動くのも見てて面白いです。
ことりにも見せたくて教えるけどヘソの方が興味あるようです...
ルバーブのジュース、やっぱ他の果物のジュースと比べると酸味が強いけどサッパリしてて美味しいんですよ。アンちゃんも平気かな。
最近よく作るのが細かくサイコロ切りにした果物の中に、このジュース&炭酸水を入れると、また美味しいですよ。もし飲むのが苦手だったら、アンちゃんにこの食べ方の方が良いかも!
ピクルスは凄く塩気があるので塩加減をグッと減らしてみて下さい。
家の親も私が小さい時から保存食や健康食なんかに食いつくように作っていたので、私もこういう調理の仕方が好きなんです。おばぁちゃんの知恵なんて最高~。
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:38
♪鍵コメ17:23さん
お久し振りです!覚えていますよっ!
ヘルシンキにいらしたのですね。そしてムーミンワールドにも!
そしたら次はやぱり冬のサンタさんに会いにロバニエミまで是非~
サンタさんの膝にものれますよ~~そして日本語もオッケーです。
ムーミンワールド、冬のムーミン達が冬眠中に行ったので誰も居ませんでした...娘さん、きっと楽しんだんだろうな~。何が1番良かったかな。後程拝見させて下さい!
お祝いのお言葉もありがとうございます~~
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:43
♪tictactoeinlaさん
このルバーブジュースの色は本当に綺麗ですよね。
飲むのも、そりゃ良いけど、私は作っている最中→出来上がりの具合を見るのが好きなんですよね。もっと作って保存したいけど時期が終わりなのかルバーブ、最近見てません、、、。あららら
このピクルスね、猫が食べたらシッポが縮んでしまいそうな程しょっぱいんです。って猫は食べないけど...こちらの硬いライ麦パンと一緒だと凄く合うんです。もっと塩加減を減らしても大丈夫そうですね。この酢も砂糖も入っていないピクルスを食べちゃうと他のが食べられませんーー!4キロも漬けたので失敗したら涙出ちゃうねぇーー。味見ももうそろそろしてみます。
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:47
♪vialettoさん
お腹も大きくなって、あれよあれよと言う感じですよ~
それでも森に行ってベリー摘んだり苺を摘んだり、今じゃ~と動いています。
梅酢かぁいいなぁ~。こちらには梅や紫蘇がないので梅酒やジュース紫蘇ジュースなんてもう贅沢・幻もの!
↑のコメントにも書いたんですけど、細かくサイコロ切りにした果物の中に、このジュース&炭酸水を入れると美味しいですよ。なので梅酢もそうやったら、またかわった感じかな?!時間が無い時はミントの葉やライムをスライスしただけでも色が映えますよねぇ。
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:51
♪yuukさん
お久し振りです&ブログ開設おめでとうございます~!
チラリとブログ&作品を拝見させてもらいました。もー言いたい事が沢山!
これは後程、お話させて下さいね。
そちらはルバーブ、あまり主流ではないのかしら。イギリスなんかには結構あるそうですがね。こちらには庭に沢山あるっていうお家もあるそうですよ。見た目はフキの茎の様な感じで。これでフキもあったら嬉しいんですけどね...(欲深ですぅぅ)酸味があって砂糖の消費も上がるんですけど、苺との相性がまた良くって。今年はケーキ用じゃなくてジュースに挑戦してみました。この自然の色良いですねぇ~。
Commented by Kippis_Y at 2010-08-09 18:55
♪のんこさん
は~い、のんこさん、分かりますよ~!
そう、北海道に住んでいた頃にドイツ人の宣教師さんから「珍しいもの見つけたの」って言われてルバーブジャムを頂いたのが私、お初でした。札幌の更生センターの人達が畑で植えて作ったそうで。日本じゃあまり出回っていませんよね。長野辺りにチラホラあるとか...
酸味が強いけど苺との相性がまた良いんですよね。
こちらではお店にルバーブジャムは置かれていないのでシーズンに作っておかないとです。でもシーズンも終わりなのか最近見かけません...
優しいお言葉もありがとうございます!
Commented at 2010-08-17 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by etigoya13 at 2010-08-24 01:21
越後屋です。
ルバーブ、今年はあまり出来が良く無くて一度芸術家さん宅から頂いたルバーブで練乳の缶詰を温めて作ったキャラメルクリームとあわせてロシア風パイにしたぐらい。
もう一度もらってこのジュース作ってみようかしら。美味しそう。
ピクルス私も仕込んでいます胡瓜今年は大成功で凄い収穫出来たので。
わが家は今年色々漬け方を試してみました。でもやっぱり一番定番の塩漬発酵ピクルスが一番美味しいですね。
塩分を減らすと胡瓜の皮が柔らかくなるので一度通常通りに漬け、漬かったら漬け汁だけを捨て、そこへ真水を加えると胡瓜から塩分が出て来て丁度良い味になるというのを教わったので、今日それを仕込んでみました。
楽しみ。私も輪切りにして漬けるものよりも、丸ごと漬けてつぼ焼きやスープ、そのまま食べるなど用途によって切りながら使うのが好きです。
Commented by Kippis_Y at 2010-08-30 03:56
♪鍵コメ13:39さん
お返事が遅くなりました...このグラスは底が三角で飲み口は丸なんです。歪んでるの、まさにそうなんです!
自家製のきゅうり、ひゃぁぁぁ~絶対美味しいですよーーー!!
場所を見つけたので来年は我家も畑耕します~。何か育ちの良い野菜なんてあったら是非教えて下さい。今年は猛暑な様でしたね。でもロバニエミはそんなに暑苦しくもならず秋が来るのが早かったんです。これから寒い時期、今のうちモリモリ蓄えて体に気をつけましょうねぇ~
Commented by Kippis_Y at 2010-08-30 04:01
♪越後屋さん
わぁ~美味しそう!練乳~これもあたそそりますねぇ。
語学学校のクラスメイトが練乳を学校に持って来てコーヒーの中に入れて飲んでぇって持って来てくれました。こういう飲み方もあるんだぁ~とお初でした。結構、練乳って他にも使われているんですかねぇ?
ピクルス、家も順調です。皮も私好みにパリッとしててよく浸かっています。それからね、越後屋さんが以前話してくれた発酵させたキャベツ作りましたよ。サワーなキャベツ得意で無い旦那様も食べたら美味しいって!それからピクルスも入れたスープも作ったら大ヒット!!キャベツがかたくなる前に大量買いしてまた作る予定です!どうもありがとうございます~
Commented by yamazou13 at 2010-08-31 20:58
越後屋です
練乳、ロシアではお茶請けとしてなめたり、コーヒーの中へミルク代わりに入れるのはとても一般的です。あとはケーキの間にクリーム変わりに使ったりもします。
そうですかそうですか、旦那様も塩漬発酵キャベツ気に入って頂けましたか。あれは美味しいですね。好みの味に仕上ったら冷凍するのも良いですよ。ロバニエミ冬なら外に放置しておけば良いと思います(笑)
このキャベツやピクルスを入れたスープは日がたつにつれて味が美味しくなるのが特徴です。つぼ焼きに入れても美味しいですよ。旦那様のレシピの応用でぜひ。
私も昨日はこの2種類を使った料理を作りました。美味しかった。
Commented by Kippis_Y at 2010-09-13 21:03
♪越後屋さん
なな、なめる!!これが一般的とは予想外でした~~
結構甘党の方が多いのかしら。
塩漬発酵キャベツ、また漬けました。冷凍も出来る&冬キャベツでも平気と聞いて安心!スープも今年の冬活躍しそうです!
Commented by waihekeparadise at 2012-07-03 08:07
こんにちは。ニュージーランド、ワイヘキ島のCocoです。
ルバーブジュースつながりでこちらにたどり着きました。
ルバーブでジュースもつくれるんですね~。特にルバーブソーダ飲みたいなー。
暑い日にはぴったりですもんね。
といってもこちらは南半球なので今は冬ですが・・・。(苦笑)
夏になったら畑のルバーブを使ってぜひ作ってみたいと思います。
レシピありがとうございま~す。
Commented by Kippis_Y at 2012-07-06 19:26
♪Cocoさん
ニュージーランドから!あ~私の頭の中は丘が広がっています。
昔、ニュージーランドにワーホリで行きたいな、なんて思った事もありました。
そちらでもルバーブがあるのですね。てっきり寒い国に多いものだと思っていました。このジュースとっても簡単ですよ。ただ、漉した後のルバーブのカスが凄くもったいないのですが...少しはヨーグルトに入れて食べてましたけど消費が追いつかなくて...夏が到来しましたら是非、挑戦して下さいね!


<< 苺摘み 乾燥ハーブ >>