旬の苺
d0090294_4275562.jpg
フィンランドの夏の味・食べ物の1つ=苺。粒の大きさはバラバラだけど味は甘くて美味しいです。夏になるとフィンランドの至る所で野外マーケットが出て苺のリットル売り・キロ売りが盛んです。産地では外国人や学生労働者が蚊と戦いながら苺摘み・苺の箱詰めに大忙しです。

先日の旅の帰り道ロバニエミから40キロ離れた所で"苺摘み"の看板を見つけたので今日行ってきました。楽しみにしてたけど主には出荷用なので電話予約が必要と言われ仕方なく1キロだけ買ってきました。この間野外マーケットで買ったのは1L=400g=4ユーロ。それに比べて今日の産地買いは1キロ4.5ユーロ。新鮮だし安い。自分で摘むとキロ4ユーロ。来週改めて摘みに行きます。

先日買った苺&これまた旬なルバーブを合わせてジャムにしたら、とっても美味しかったんです。キロ摘みして苺ジャム/苺&ルバーブジャムを作って1年分のストックにしようと思っています。お店でもジャムは買えるけど自家製は濃厚で甘味も選べるしね。そして苺酒や冷凍用にも...欲張りねぇ。
d0090294_4335032.jpg
d0090294_531729.jpg

苺を買った後は近くの果実ワインを作っているお店に寄りました。お店までの庭が遊び心があって可愛くって可愛くって。写真左のtonttu:小人の顔の表情なんて、よ~く出来てる。お店は古~い木製の建物の中で老夫婦が大事にワインを作っている様子でした。建物に果実の甘い香りが染み付いていて何とも言えません。おじさんに案内されて奥の部屋に行くと、これまた古い良い感じの部屋でバーカウンターがあって試飲も出来ました。私は妊婦なので舐める程度。珍しいルーバーブワインは、かすかな香りがしてホワイトワインのようでした。苺のワインは香りがとっても良かったので「いつかのお祝い用」として1本買いました。(10ユーロ)

Ala-Tennilän viinitila
Kuusamontie 3938, 97615 Tennirova
tel. 040-834 8220
e-mail: em.tennila@pp.inet.fi
e-mail:eini-maria.tennila@pp.inet.fi
[PR]
by Kippis_Y | 2010-07-29 05:16 | 国内旅行/travel Finland


<< 植物の力 タイムスリップ >>