住まい
d0090294_3104716.jpg
最近ようやく「春が来た」と言える日差しがやってきました。この冬は雪の量がフィンランド全土でも多く我家の庭も雪が凄い事になっています。左は8月の写真・右は3月上旬の状態です。一体、雪が全部融けるにはどの位かかるかな。

フィンランドにはrivitaloと言って長屋の様に一階建て住宅が連続している状態で、それぞれ庭もあります。他にはkerrostaloと言ってマンションやアパートの様に階数建てで何世帯も住めるタイプ・omakotitaloは一軒家でparitaloはrivitaloと似てるんですけど2階建てになっています。私達の住む賃貸はrivitaloで4世帯並んでいます。庭も広くてプライバシーも守られてる感じで周りは自然が多く落ち着いた所で気に入っていました。が...既に過去形...




と言うのは1月の上旬、22時以降キッチンで作業してたら「ピンポーン」。数ヶ月前にrivitaloの一角を購入・引っ越して来た隣の住人から「うるさい・22時以降は静かに」と苦情が来ました。おばさんの寝室は我家のキッチンの隣りらしく、よく聞こえるそう。それ以来は22時以降にキッチンに行かないようにしていました。でも、どうしてもキッチンで作業しなくてはならなかった3月上旬の日、静かに作業していたつもりが22時を少し過ぎた頃「ピンポーン」。そう、また隣りのおばさん。音の原因は戸棚の扉を閉める音だそう。「仕事で毎日頭を使うから22時には寝るので静かにして。あんなに音が聞こえると知ってたらリフォームした際に壁を厚くしておくんだった」と。(おばさんは知らないだろうけどリフォーム中の数週間、業者の人は朝7時前からドリルで大きな音を立ててましたよー)確かに古いキッチンなので戸棚のドアの音が大きいんです。マグネットで付くようになってるのでカチッと音がして。気を付けていても音はそれでも出てしまうんです。でも開け閉めしたのは数回。きっとその数回が神経質な彼女にとっては嫌だったのでしょう。でも久々に22時以降キッチンに足を踏み入れて即座に苦情。流石に私もイライラしてしまってどうしてキッチンにいたか説明したり今まで気をつけていた事、私達もここで生活しているんだと伝えたけど一行にどちらも引かず結局、扉の内側に布やテープを付けてみました。でも扉が閉まりませーん。昼間剥がして夜また付けるなんてしてられないし、扉が閉まらないので昼間もそのままにしてたら娘が棚をあさるし結局、剥がして22時以降キッチンに踏み入らないようにしています。こういう事が近隣の間であると疲れますよね。そんな矢先、大家さんから連絡...リフォームして家を売りに出したいので6ヶ月以内に引っ越してくださいと。嬉しくないような嬉しいような。ここ毎日ネットで新しい場所を探しているけどロバニエミの賃貸相場1・2年でグーンと上がりました。希望はrivitaloが良いけど空きがあまりないのでkerrostaloに1‐2年住んで一軒家を買える様に頑張ろうかなーっと。と言う事で新居が決まり次第またロバニエミ内へのお引越しです。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-03-11 04:19 | ちょっとお知らせ/info


<< お金では買えない時間 雛祭り >>