suolapiirakka:お惣菜タルト
d0090294_2352387.jpg
フィンランドには至る所にピザ・ケバブ屋さんがあります。日本と比べたら、とてつもなく大きなサイズで格安。先日、地元のフリー新聞に「新しいピザ屋さんオープン」という記事が掲載されていました。それを見て旦那様が「やっぱりフィンランド人はピザが好きだねー」っと。確かに!そこで、ふと思ったのがフィンランドらしくsuolapiirakka:お惣菜タルトのお店もあっても良いんじゃないかな?「うちのお店にはsuolapiirakkaしかないんです」みたいな。これは外国人的(私)な発想なのかな?それとも買うものじゃなくて各家庭で作るもんなのかな?っと、最近こういうクダラナイ事には脳の回転が早い早い。と言う事で?夕飯は旦那様の帰宅時間に合わせて自己流suolapiirakkaに決定。

生地(小麦粉・ライ麦・蕎麦粉)も焼いて中身の具(ベーコン・にんにく・紫玉葱・人参・オリーブ・ドライトマト・トマトプレ・ハーブ類)も炒めたし「さー後は卵を割って生クリームと混ぜて焼くだけ~」のはずが冷蔵庫にあると思った生クリームが無い...絶対あると思ったのに勘違いか物忘れか、それすら本当に思い出せない重症。昨日も買い物のお会計を済ませて袋に入れてお店を去ってしばらく、誰かが大きな声で叫んでるなーと思ったらレジのおばちゃんが「バナナ、バナナ置き忘れたわよー」とレジを放ったらかして届けに来てくれました。皆に見られて恥ずかしかったけど、汗。バナナ目当てで買い物に行ったのに主役を置き去りにするなんて本当に最悪だわねぇ。

話は戻って、仕方ないので卵を1つ余分に入れて牛乳で代用。コク出し作戦でゴーダ&フェタチーズを加えました。結果、生クリームを入れなくても全体的にしっかりした味で粉類や具を適当に配合した割にはいつものレシピよりも美味しかったです。名付けてköyhäpiirakka:貧乏タルト(冷蔵庫にある余りものを使ったので)
[PR]
by Kippis_Y | 2010-01-23 00:20 | 食べ物色々/food | Comments(8)
Commented at 2010-01-24 23:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minoes at 2010-01-26 11:48 x
ぜひ、ご夫婦でお惣菜タルト屋さんをやってくださいよ~。他にはこういう店がないって事で、繁盛するかもですよ。
その時にはぜひ、材料の余りで作る"貧乏タルト"もメニューに入れてください!(笑)余りで作るから、何が入ってるかはそのときのお楽しみ~♪みたいな。案外売れ筋になるかも!!
そういえば、将来ご夫婦でカフェをやる夢はまだちゃんとあっため中ですか?
Commented by Kippis_Y at 2010-01-27 05:43
♪23:51さん
はじめまして!う、う、う、嬉しいコメントをありがとうございます。
嬉し過ぎて口を開けっ放しでした、、、。
ひそかに~そしてリンクも!どうもどうもありがとうございます!
なかなか自分の事でいっぱいなんですけど、そちらにも伺わせて下さい。
宜しくお願いします♪
Commented by Kippis_Y at 2010-01-27 05:46
♪minoesさん
いっや~お惣菜タルト屋さん、オープンして数ヶ月でつぶれそうですよ、笑。
お店の名前は「毎回味の違うお惣菜タルト屋さん」なーんて、、、。
いつも具の違う貧乏タルト、これ良いですね。そしたら毎回味違うし、ははは!
将来の夢、そうなんですよー漠然といまだにあるんですよね。
カフェありのB&Bもおばさんになったらやってみたいんですよね。夢膨らみます~
Commented by 越後屋 at 2010-01-29 20:53 x
 美味しそうですよね貧乏タルト。こちらはあまりこういったものないなーそう言えば。有りそうなのに。
 ああ、一時帰国がなければ色々作りたいのに(笑)あ、でもこのタルトなら列車の中での軽食に良さそうですね。冷めても美味しく作れば。

 おお!将来の夢。ぜひ開店の折にはフィンランドまで駆けつけます〜〜〜。
Commented by Kippis_Y at 2010-02-04 18:26
♪越後屋さん
以外や以外、そちらにはタルト少ないのですね。
そちらとこちら結構似ているとこあるけど、今回は違いましたね~
そうそう、ピクニックとか列車の中でも簡単に食べられるし具も何でも入るし!
ロシアに帰国されましたら是非!
むふふふ、将来の夢の実現、きっと何十年もかかるかなーーー、、、。
Commented by 越後屋 at 2010-02-15 18:55 x
 タルト生地のものが少ないんです。ほとんどパン生地。パン生地のものも案外都会にしかない様に思います。村では上もパン生地で覆ってしまうパイが主流の上にその手の料理はお祝い料理なので普段はあまりでないのです。
 フィンランドたった半日ですがやっぱり楽しかったです。丁度何時もよりは冷えていてロシアへの移動途中東京との気温差調整に良かったです。
Commented by Kippis_Y at 2010-02-17 17:50
♪越後屋さん
パン生地なのですね。そしたらもっとお腹がいっぱいになりますね。
ヘルシンキ、雪が今年は多いようで冬らしい冬のようですよ。
あっ、言い忘れてましたけど...ポストカードありがとうございました!
1週間前頃着きました。切手が可愛い!それに越後屋さんの作品も見れて嬉しかったです。緑の毛糸の編み目も可愛くってバッグに入れて何処かへ行った時の待ち時間に見たりしてますよっ!手先が本当に器用なんですね~


<< 文化の違い ルーネベリのタルトとの再会 >>