kesäprojekti -suolakurkkut- 自家製ピクルス
d0090294_16482535.jpg
夏の時期になるとお店にavomaankurkkuと言うピクルス用のきゅうりが並びます。
去年はチャンスを逃してしまったのでkesäprojekti:夏のプロジェクトと題して仕込みました。
avomaankurkkuの時期も週番に近いのかな、嬉しい事に2.7kg(25本)2.7ユーロで買えました。
d0090294_16464351.jpg
この自家製ピクルスは酢や砂糖を使うタイプではなくて塩浸けピクルスです。
材料に必要なブラックカラントの葉も丁度庭に生えているので助かりました。
チェリーの葉でも代用出来るそうです。もしも作りたい方・取りに来られる方分けますよ~
材料に使ったフィンランド産のpiparjuuri:西洋わさび(70g:70¢)まさにワサビの香りでした。
(これフィンランドの人達はピクルス以外にどうやって料理に使ってるんだろうー)
材料を全て入れた時点で既に良い香りがして出来上がりが楽しみです。
でもね出来るのに1-2ヶ月待つので長い長い待ち時間ですよね。大丈夫かしら?
d0090294_16432334.jpg
覚え書きも交えて作り方を残していきます。

自家製ピクルス -suolakurkkut- 
①きゅうりを洗って塩水に数時間漬けた後に水をすて熱湯をかけ灰汁抜きをする。
②容器に小振りのきゅうり(25本)・ディルの花先・ブラックカラントの葉・細切りにした西洋わさび・
にんにく・マスタードシードを重ねて入れる。※ブラックカラントの葉は容器の底・上部分のみ敷く。
③塩水(3.5L:水:350g:塩)を容器に入れ重し+蓋をして1-2ヶ月待って出来上がり。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-29 19:30 | 食べ物色々/food | Comments(22)
Commented by みや at 2009-07-30 01:01 x
こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。今年フィンランドに移住してきてpiparjuuriをスーパーでみつけた時にはおどろきました。私は北海道出身で地元では山わさびという名で売っていました。これを摩り下ろして鰹節をかけて醤油をすこしたらしてご飯にかけて食べるのが大好きだったので、フィンランドでもこの味を味わえるというのが嬉しくって冷蔵庫に常備してます。私もフィンランドではどのようり料理しているのかとっても疑問です。
Commented by preuve at 2009-07-30 03:23
Kippisちゃん

おお!自家製ピクルス!おいしそう!
Kippisちゃんのブログでの表現の仕方とか、
アイデアとか、Kippisワールドになっていて、すてき!
好きだわ~本当。
Commented by Tytto at 2009-07-30 06:31 x
最近(フィン人から)学んだのですが、
そのまま普通のきゅうり同様にパンに載せて食べてみてます。
種多めで、少し渋みがあって、薄味な気がします。
オススメではないけど、試してみてもいいかも!?
Commented by hymylapsi at 2009-07-30 11:53
フィンランドに移住したら挑戦してみます!
ディルの花やブラックカトンの葉は簡単にスーパーで手に入るものなんですか?
Commented at 2009-07-30 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minoes at 2009-07-31 15:03 x
ころころした可愛いきゅうりですね。
わたくしきゅうりは好きなんですが、ピクルスが苦手でございます。
でもこの塩漬けならいけるかも~。
で、で、でも~、うちの旦那さんはきゅうりそのものが嫌いなんです・・・。
だからきっと作らないだろうな・・・。

それにしても!いつもいつも素敵なブログですねぇ。写真の感じが凄く好きです。
これからも更新を楽しみにしています♪
Commented by nacchi at 2009-08-01 07:45 x
先日の旅行でハミナの叔母の家を訪れた際、夜食でおいしいサンドイッチ作ってあげるわと言って出してもらったのがpiparjuuriを塗ったパンにハムがサンドされたモノでした。
実は私わさびがだめなので (でもダメといえず)ツーンと涙を流しながら完食しました(泣) でもフィンランドでもわさびがあるなんて驚きでした。
Commented by poronliha at 2009-08-02 01:59
はじめまして!tyrniさんのところからやってきました、カヤーニ在住のporonlihaというものです。
驚いたのたのが、同じ年生まれ。さらに私は日本の大学時代に工芸を選択してたので、テキも少しやったことあるんですよ。(結局ガラス専攻でした)
なんとなく親近感を感じてしまいました。これからもちょくちょく遊びに来るのでよろしくお願いします!リンクもらっていきます。
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 06:45
♪みやさん
はじめまして!コメントありがとうございます~
みやさんもフィンランドにお住まいなのですねっ。
piparjuuriの食べ方、皆さんが言うには↑パンと一緒に~みたいです。
私もやってみようかしら?!
みやさんの食べ方、これ美味しそうですね。凄く!
私達夫婦、フィンランドに移住する前は釧路市に住んでいて、私の旦那様は
お寿司屋さんの山ワサビ巻きが大好物だったのです。
山ワザビの食べ方はそのくらいしか知らなかったので丁度鰹節もあるので
今度スーパーで買ってお醤油とご飯と一緒に食べてみます。
良い情報をありがとうございます~引き続きおしゃべりしに来て下さい♪
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 06:47
♪shizuka
ぶひゃぁぁぁ~~思わずニヤケテしまったわ!!ありがとう。
これからも、こんな感じのに付き合って下さい~
ピクルスね解禁日がことりの1歳の誕生日なのね
美味しく出来てると最高な時だけど不味かったら笑い事になっちゃうね!
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 06:50
♪Tyttoさん
avomaankurkkuをパンの上にのせて食べるのですね~
味が薄い分ピクスルにすると味が付きやすいのかしら?!
私、このavomaankurkkuはピクルス使用のみかと思っていました。
試しにパンにもサラダにも?一緒にしてみようかしら。情報ありがとうございます~
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 06:54
♪hymylapsiさん
スーパーでも美味しいピクルスは安く売られているんですけど
でも時期の料理も作ってみるのも楽しいもんです。
普通のディルは年中スーパーで売っているんですけどピクルス用のkruunutilliは今の時期しか見た事がないんです。丁度今はザリガニを食べる時期なのでこのディルが必要らしいです。ブラックカラントの葉はお店では見た事がありませんね。ブラックカラントが庭にある人、結構いると思うので分けてもらったら良いかもしれません。もしご近所になったら是非どうぞ!
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 06:59
♪鍵コメ12:48さん
はじめました~嬉しくなってしまうコメントをありがとうございます。
時間をかけて読んで頂いて丁寧さを感じました。
あの巻き方、初めて作った時に口頭で私の旦那様に教えてもらったんですけど
出来上がりがとんでもない事になってしまった笑い話があるんです。
それから実際に一緒に作って教えてもらったら以外と簡単で面白い!
形が独特で私はスウェーデンタイプのより好きです。
鍵コメさんの所も後ほど訪問させて下さい。
そしてまたお喋りできたら嬉しいです。宜しくお願いします♪
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 07:01
♪minoesさん
あらあら、そしたら見て楽しんでくださいまし~笑。
こちらのきゅうり(ピクルス用ではないの)は凄く大きいんです。
日本へ里帰りした時にきゅうりの細さに驚いたのと凄く美味しい!
日本のきゅうりはカリカリしていて水水しいんですね~
minoesさんの旦那様はきゅうりが苦手なのですね。青臭さがあるからかしら?
ブログへの評価もご贔屓(ひいきってこういう感じなんですね、、。)に有難うゴザイマス!
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 07:05
♪nacchiさん
nacchiさ~ん、偉~~い!!
ダメとも言えず涙流しながら食べたってとこが人柄が出ますね。
美味しいサンドイッチを作ってあげるってパンが苦手なものとはね...
フィンランド人って比較的辛いの苦手な人が多いですよね、
でもこの西洋わさびは食べられているなんて驚き!
家の旦那様はnacchiさんと逆でワサビ好きなので喜んでました。
パンにワザビ以外だけど叔母様のサンドイッチ試してみますよ~~kiitti!
Commented by Kippis_Y at 2009-08-02 07:13
♪poronlihaさん
カヤーニからようこそ!そしてはじめまして~
いやぁ偶然です、今日ラヌアへ向かっている途中にカヤーニの看板が幾つも!
まぁラヌアは途中ですからねぇ。
結構フィンランドに住んでいる日本人の方いらっしゃるのですね。
こうしてお知り合いになれるの嬉しいです。
そして同じ年に生まれて!芸術派な方なのですね。ますます高感度アップ!
リンクありがとうございます。私も後ほど訪問させて下さい。
是非またお喋りしましょう。宜しくお願いしま~す!
Commented by へなそうる at 2009-08-02 20:01 x
Kippisさん、私も作ってみたいなぁ~と思い、買い物がてらスーパーマーケットの野菜売り場を覗いたんですが、珍しいものばかりでは揃えられませんでした。残念!!初めて聞くような食材ばかりでどんな風に出来上がるのでしょう?二ヶ月位してまたアップして下さるのを首をながくしてま~す♪
 
Commented by Kippis_Y at 2009-08-06 23:35
♪へなそうるさん
そうなんですよね、残念ながら日本のスーパーでは手に入りにくい食材もありますもんね。私もこのピクルスは初なのでどう仕込みがいくんでしょう?結構な数を漬けたので不味かったらガッカリだなー。でも意地でも食べますよ、笑!出来上がり忘れた頃にやってきますのでアップしますね♪
Commented by 越後屋 at 2009-08-12 16:33 x
 わーピクルスだ〜。そちらも塩漬けピクルスなんですね。ロシアも塩漬けなんですよ。私も良く仕込みます、でも漬け込み時間全然違うんですね〜。ここでは浅漬けから古漬けまで移り変わる味を楽しむようで2〜3日置いたら食べはじめます。
 我が家は木いちごの葉を入れた作り方を最近習ってつくりました。
 村で売っている胡瓜の種は皆短くて丸い胡瓜の種なので、日本の様な長細いものはほとんど見かけません。我が家の庭になっているのも俵より更に丸に近いころころ胡瓜ばかり。これが丸く太いので瓶詰めにしにくいのですが、愛着が有り漬け込んでいます。 
 西洋山葵、私が最もよく接する芸術家さん宅にも植えてあるらしいのですが、主に葉の方をハーブとして使っています。
 こちらの方(村)はすりおろして酢、塩、砂糖と混ぜて肉に漬けるのが一般的みたいです。
Commented by Kippis_Y at 2009-08-14 07:57
♪越後屋さん
こちらは酢漬けの砂糖入りのピクルスが多いかんじです。
旦那様がロシアに行って美味しい酢漬けのピクルスを食べたのがきっかけで今回作ってみたんです。ピクルスがあまり得意じゃないのにあれは美味しかったって。そちらでは2〜3日置いたら食べ始めるのですね~。はじめと終わりの頃では味が全然違うのでしょうね。もっとロシアのピクルスの漬け方やレシピを教えて頂きたいです!
西洋山葵の食べ方も一風変わっていますね。どの割合で材料を混ぜたら良いのでしょうか。お肉と一緒だなんて作ってみたい~。
Commented by 越後屋 at 2009-08-19 09:40 x
あら、そちらは甘酢漬けなんですか。
そしてご主人がロシアで塩漬けピクルスを食べたのをきっかけで作られたとは知りませんでした。
ロシアの塩漬けピクルスはもともとおは塩と水と野菜だけで保存したものが自然発酵したのが始まりみたいですね。ただ今は安定発酵させるために砂糖と酢を少量使う形になっているそうです。
基本は夏なら室温で1日、冬場で2〜3日発酵させてから冷蔵及び冷暗所保存する形です。なので早ければ3日目から食べることが出来るのです。古漬けはもう複雑な味になりますよ。
西洋山葵申し訳ありません、私がいつも料理を習う方達は主婦歴うん十年のベテランばかりですべて目分量かつ自分の口で味を見極めろタイプばかりで…、正確な分量は教わっていないんです。だからきっとお好きな味付けで良いのだと思います。
村ではこの調合した西洋山葵を豚足の煮こごりやタンのゼリー寄せなんかによく添えているのを見ますよ。これは美味しいです。豚足も塩胡椒に大蒜が利いていて美味しいのです。
Commented by Kippis_Y at 2009-08-20 04:18
♪越後屋さん
スーパーで売られているのは1つのメーカーしか塩漬け出してないような...
食べてみても旦那様はロシアのはこんなもんじゃない程美味しいんだよーって。
そう言われるとますます食べたくなっちゃってね。美味しく出来ると良いけど。
違う味で作るなら時期も時期だし、もうそろそろですねー
ロシアの料理って美味しそうですね。
豚足の煮こごりやタンのゼリー寄せは想像も出来ない感じだけど
食ツウの越後屋さんが言うんだもん美味しいんだろうなー。
こんな話をしてるといつかロシアに行ってみたいですよ!
山ワサビじゃー適当加減で味見しながらですね、キートス。


<< ヒッラマーケット puolukka:コケモモ >>